足袋について

足袋とは

足袋

足袋(たび)とは日本固有の伝統的な衣類で、足に履く一種の下着である。

木綿の布でできたものが一般的。

日本の伝統的な履物である草履・下駄・雪駄などを履く際に用いるため、親指と人差し指の部分で袋が2つに分かれている(叉割れ)

現在、日本で生産されている足袋の約80%が埼玉県行田市で製造されている。これは17世紀の初期頃から藩財政を助けるための産業として足袋の生産が奨励されたことに起源をもつ。

他生産地は四国徳島県が有名。

起 源

画像振袖火事(1657年)

明確な起源は分かっていないが、平安時代の貴族が履いていた下沓(しとうず)と呼ばれる靴下か、当時の猟師が履いていたとされる皮製の靴下が源流であると考えられている。初期の足袋は足首部分に紐が縫い付けてあり、紐を結ぶことで脱げ落ちないように留めていた。

明暦3年(1657年)に起きた振袖火事によって皮が品不足となり高騰したことから、木綿製のものが急速に普及していったと言われている。

木綿製足袋の普及と同時に、紐止め式からボタン止め式へと足袋を留める方式も変化していった。

現在の足袋は「こはぜ」(甲馳、牙籤、甲鉤、骨板)と呼ばれる金属製の金具(ホック)を「受け糸」(または掛け糸)と呼ばれる糸のループに引っ掛けて留めるようになっているが、この方式は江戸後期から明治前期にかけて普及したものである。

履き方

足袋のはき方

1.底巾の一番広いあたり(半分程の所です。)を折り返します。

足袋のはき方

2.足指を動かしながら足袋をひっぱり、しっかり入れます。

足袋のはき方

3.足袋をしっかりと引きあげて下さい。

足袋のはき方

4.かかとを床につけるか脚を倒して爪先をすねに向け(90°くらい)になるようにします。コハゼを下から上へかけます。

素材の選び方

- 素 材 -

綿
風合いが良く、正装用に多く使用されます。
のびる綿足袋
綿素材で伸縮性があります。踊りやお茶をされる方に最適です。
ナイロン
最も伸縮性のある素材です。洗濯も簡単で、普段履きに、
また業務用に適しています。

- 風合い ( ソフト感 ) -

素材

- 生地の伸び ( フィット感 ) -

素材

サイズの選び方 クルワ足袋サイズ表(目安寸法)

部 位サイズ(cm)
21.0 21.5 22.0 22.5 23.0 23.5 24.0 24.5 25.0
細 型足 巾 8.0 8.2 8.4 8.6 8.8 9.0 9.2 9.4 9.6
足首回り 19.1 19.5 19.9 20.3 20.7 21.2 21.7 22.2 22.7
並 型足 巾 8.2 8.4 8.6 8.8 9.0 9.2 9.4 9.6 9.8
足首回り 19.4 19.8 20.2 20.6 21.0 21.5 22.0 22.5 23.0
ゆったり型足 巾  

8.9

9.1 9.3 9.5 9.7 9.7  
足首回り   21.3 21.8 22.3 22.8 23.3 23.8 
ふっくら型足 巾   8.9 9.1 9.3 9.5 9.7 9.9 
足首回り   22.5 23.0 23.5 24.0 24.5 25.0 
サイズの選び方

洗 濯

  • ● 洗剤を溶かしたぬるま湯にしばらく浸してから軽くもみほぐすようにして洗って下さい。
  • ● 洗濯機で洗う場合は、ネットに入れ、できるだけ弱水流(手洗いコースやソフトコース)で
    洗って下さい。
  • ● 干す時は、シワを取り、形を整えて下さい。(自然乾燥・陰干しが望ましいです。)
     特に綿底の場合、底地をよく伸ばさずに乾燥させると、足袋が縮んで履きづらくなりますので
     ご注意下さい。

※ 塩素漂白剤のご使用は、生地を傷める原因となりますのでおやめください。

洗濯湿っているうちに、かたちを整えます。

アイロンの掛け方

足袋のアイロンのあて方

1.底を上にして、アイロン台の手前の縁を使って縫代部分に沿って回りをあてる(かかと部分は除く)

足袋のアイロンのあて方

2.コハゼを外して、アイロン台の縁を使って内甲をあてる。
コハゼをかけその上をあてる

足袋のアイロンのあて方

3.指先からアイロンをかけ、図の様に外甲をあてる。

足袋のアイロンのあて方

4.親指からかかとに向けてアイロンをかける。

足袋のアイロンのあて方

5.指先からかかとに向かってあてる

COPYRIGHT © 1882-2015 KURUWA CO.LTD. ALL RIGHTS RESERVED.